Ogopogo characterオゴポゴのキャラクターです

体長は約5 – 15mで、60cmほどの大きさの頭部は山羊か馬に似ているとされ、背中にコブがある。体は緑色でところどころにチョコレート色の斑点がある。

記録に残っている最古の目撃例は1872だが、1912年の目撃騒動以来有名になった。近年になっても、大型の生物が水面近くで蠢いている映像が度々テレビでも放映され、テレビ番組で特集されることもあり、ネッシーツチノコなどと比べると、存在の可能性が高いUMAとされている。姿や泳ぎ方は同じカナダに棲息しているマニポゴと酷似している。

もともとオカナガン湖周辺に住むインディアン部族は、この湖に棲む「N’ha-a-itk」、または「Naitakaナイタカ)」という名の、巨大な怪物の存在を語り継いでいる。また、周辺のインディアン部族には、殺人を犯した罰として大精霊によって大蛇に変えられた人間の変化譚が伝えられている。

正体について、肯定派はオカナガン湖に棲むチョウザメの倍数体説、バシロサウルス[2]首長竜、新種のクジラ説を唱えている。一方、否定派は湖の副振動定常波が原因の誤認や目の錯覚では無いかとしている。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

スタッフ一覧

  1. Ogopogo character

    カナダで最も有名な未確認生物と言えば、オゴポゴ(Ogopogo)です!
    なんとも変わった、そしてちょっと可愛らしい名前ですよね。

  2. Keiko 先生

    英語に興味のあるお父さんやお母さんの手助けが出来ればと思っています。
    英語に関することは、なんでも気軽に相談してくださいね。

  3. Yelani 先生

    スリランカ出身のヒップホップダンスが好きな、とても明るい元気な先生です。

    大学でも他の日本人の生徒に英語を教えたり、塾などでも英語を教えていて、経験豊富な先生です。

  4. Chris 先生

    英語に興味のある人たちが、楽しく、リラックスした雰囲気で、英語を楽しめる場を作りたくて、Ogopogo English を開校しました。

PAGE TOP